アミタホールディングス株式会社

アミタホールディングス株式会社

  • 環境戦略デザイン事業
  • 地域デザイン事業
  • サイトマップ
  • English
  • 検索

お問い合わせ

フォントサイズの変更
小にする
中にする
大にする

2018-Vol.07|働く目的・生きる意味

kobetsTitlVol7.png

aboutus.png schedule.png apply.png archive.png


一生懸命働くことはかっこ悪くて、楽して生活できた方がかっこ良い?
仕事と生活は対立関係にある?
職業選択と自分がどう生きたいかは、また別の話?



こんな風に、仕事と自分の人生を天秤に掛けて悩んでしまうこと、ありますか?
でも、働く目的・生きる意味って、違うんでしょうか?

今回ゲストにお招きするのは、
京都大学iPS細胞研究所でファンドレイジング(基金集め)という仕事を通じて
いのちを救うための研究開発を資金面から支える渡邉 文隆さんと、
日本の伝統文化ともいえる発酵食品に惚れ込み、「命は命で元気になる」をコンセプトに
京都・嵐山で発酵食専門店カモシカを運営される関 恵さんです。

渡邉さんも関さんも、自分がどう生きたいか、どう働きたいか、
どんな未来を実現したいのかを、仕事を通じて体現されているお二人です。

何のために働くのか、どんな想いで日々の仕事に向き合っているのか、
自分の人生とオーバーラップする仕事に巡り合うまでの道のりなど、
ゲストのお二人の話を聞き、
あなたも自分自身の働く目的・生きる意味について、考えてみませんか?

ゲスト|登壇者紹介

ゲスト

kyoto.u-watanabe-san.png渡邉 文隆(わたなべ ふみたか)氏 | 京都大学 iPS細胞研究所 所長室 基金グループ長

京都大学総合人間学部卒業後、アミタ株式会社に合流。マーケティング・広報・ウェブサイト構築等を担当。NPOや公益法人の寄付募集の支援にも携わる。 デジタルハリウッド大学大学院を修了。長男の病気を機に、2013年から京都大学iPS細胞研究所のファンドレイザー(寄付募集専門職)として勤務。年間10億円を目標に、iPS細胞技術の実用化に向けた寄付を募る。青森県弘前市出身。2児の父。

kamoshika_seki-san.png関 恵(せき めぐみ)氏 | 株式会社発酵食堂カモシカ 代表取締役

1977年京都府生まれ。北海道大学経済学部卒業、スウェーデン、ヨーテボリー大学政経学部留学。国際医療福祉大学 医療経営学修士課程修了。外資系コンサルティング会社を経て、病院等医療機関のコンサルティングに従事。医療現場を見る中で、健康の原点は「予防」にあると実感。自身が愛知県岡崎市において自然分娩専門の「吉村医院」で第一子を出産し、子どもや家族の健康のために、味噌、梅干し等を仕込み、取り入れ「発酵」の世界へのめりこむ。予防=本質的な食=発酵食をベースにした伝統的和食にあることを実感。医療現場と子育ての経験から「食」を真ん中においた事業の起業を決意。「命は命で元気になる」をコンセプトとした「発酵食堂カモシカ」を2014年5月嵯峨嵐山にオープン。「発酵」を軸にした衣食住への事業展開を見据えて、京都から世界に「発酵文化」を発信している。



ファシリテーター

amita-kumano-m.png熊野 英介(くまの えいすけ) | アミタホールディングス株式会社 代表取締役会長

「持続可能社会の実現」を目指し、「自然資本と人間関係資本の増加に資する事業のみを行う」と定款に掲げる。その事業領域は、地域における資源循環システムの構築から企業の環境戦略支援、廃棄物の100%リサイクル、環境管理業務のアウトソーシングまで、多岐にわたる。



イベント詳細

日時

2018年12月21日(金) 19:00~21:00

会場 風伝館(京都市上京区大門町253番地) MAP
対象
  • 社会課題の解決や未来創造に関わる仕事に興味のある35歳までの方
  • 学生のほか、ソーシャルビジネス等への転職をお考えの社会人の方
参加費 無料
定員 20名



apply_banner.png



お問い合わせ

アミタグループ ダイアローグお問い合わせ担当
TEL:075-277-0793
メールアドレス:dialogue@amita-net.co.jp
主催:アミタホールディングス株式会社

LineParts6-bottom.png