アミタホールディングス株式会社

アミタホールディングス株式会社

  • 環境戦略デザイン事業
  • 地域デザイン事業
  • サイトマップ
  • English
  • 検索

お問い合わせ

フォントサイズの変更
小にする
中にする
大にする

アミタが、エコプロダクツ2013で 「廃棄物管理セミナーと廃棄物管理者検定」を開催(東京・12/13)

release2013.10.30

アミタホールディングス(株)の事業会社であるアミタ(株)(以下、アミタ)は、エコプロダクツ2013の開催にあわせて「廃棄物管理の法と実務セミナー【エコプロ2013】 ~廃棄物管理3大テーマと廃棄物管理者検定~」を20131213()に開催します。

セミナー概要

本年も日本最大級の環境展示会である「エコプロダクツ2013」(主催:(社)産業環境管理協会、日本経済新聞社)の開催にあわせて、企業の廃棄物管理に関するセミナーを開催します。本年は、国内・海外・合理化という3つをテーマとして取り上げ、業界の動向やリスク事例等を解説・紹介するセミナーを開催します。国内の廃棄物処理法関連の動向はもとより、昨年ご好評いただいた海外における廃棄物にまつわるリスク事例や動向の最新情報、更には管理範囲や業務量が増える一方である廃棄物管理の合理化に向けて、「廃棄物管理業務の可視化」を通した課題解決のヒントについてご説明します。

また、講演終了後に、セミナー参加者を対象に、廃棄物管理業務の知識・力量を把握するための検定試験を昨年に続き開催します。

例年、定員を超えるお申し込みをいただき大変ご好評いただいているセミナーです。

開催概略

【日時】 2013年12月13日(金) 13:30~16:00 (開場13:00)

【主催】 アミタ  【定員】 80名

【受講料】 8,000円 (税込) ※廃棄物管理者検定受検費用を含む

【プログラム】 講演 : 廃棄物管理3大テーマ (13:30~15:20)

No テーマ 講師

日本の廃棄物管理の法と実務
(廃棄物管理の往く2013年・来る2014年)

総合環境ソリューション営業グループ
ナレッジソリューションチーム
主席コンサルタント 堀口 昌澄

2

企業を取り巻くアジアの廃棄物情勢
(アジアに遷移する廃棄物と廃棄物リスク)

海外事業グループ 
海外事業チーム 
大和 英一

3

企業の廃棄物管理業務の合理化
(増えるリスクと業務量・減るリソースと予算)

総合環境ソリューション営業グループ
総合環境ソリューションチーム
チームリーダー 田中 健一

検定:15:30~16:00 廃棄物管理者検定 検定は【基礎】・【応用】の2種類あり、そのうち一つを受験いただけます。検定内容の詳細はこちらをご覧ください。「廃棄物管理者検定」のウェブサイト

※セミナーの内容や講師は変更になる場合がございます。

【場所】 東京ビッグサイト 会議棟6階 607会議室 (東京都江東区有明3-11-1)
【アクセス】 「国際展示場」駅下車 徒歩約7分 (東京臨海高速鉄道・りんかい線)
「国際展示場正門」駅下車 徒歩約3分 (東京臨海新交通臨海線・ゆりかもめ)

ご取材についてのお問い合わせ、お申し込み先

当日、現地でご取材いただける方は、開催日の前日までに、075-277-0795までご連絡ください。交通機関等ご案内させていただきます。

ご取材のお申し込み・お問い合わせは、下記お問い合わせ先にて受け付けております。

申し込み方法

日刊おしえて!アミタさん 「セミナー情報」のウェブサイトからお申込みください。

※なお、当日のお申し込みはお受けできませんのでご注意ください。

アミタグループの提供サービス

アミタグループは、35年以上にわたり産業廃棄物の100%再資源化サービスを提供しており、自社製造所におけるリサイクル資源生産量は、2011年度実績で約15万tです。また廃棄物管理実務におけるコンプライアンス対策、リスク低減施策、従業員教育といったコンサルティングサービスを提供しており、主催するCSR・環境関連セミナーの参加者数は延べ8,900名を越え、無料情報サービスは24,500名以上のCSR・環境ご担当者様にお送りしています。さらに、IT化による環境業務の効率化支援、森林や水産加工品に関する環境認証審査、地域活性化支援サービス等、環境に関する幅広いサービスを提供しています。

【お問い合わせ】
アミタホールディングス株式会社 経営統括グループ 共感資本チーム  担当:浅井・蝦名
電話:075-277-0795(直通)  /  メール: press@amita-net.co.jp
ファックス: 075-255-4527   / URL: http://www.amita-hd.co.jp/

アミタの広報に関するお問い合わせはこちらから

アミタの広報に関するお問い合わせはこちらから