アミタホールディングス株式会社

アミタホールディングス株式会社

  • 環境戦略デザイン事業
  • 地域デザイン事業
  • サイトマップ
  • English
  • 検索

お問い合わせ

フォントサイズの変更
小にする
中にする
大にする

中期経営計画

中期3カ年計画(2016年2月発表)

今後3カ年の経営計画について解説しています。

(百万円)

2016 2017 2018
売上高 4,868 5,078 5,318
営業利益 70 144 231
経常利益 41 137 248
当期純利益 19 55 143

収益改善に向けた中長期戦略

2.jpg

2016年を起点とする中期3カ年計画においては、中長期的な視点から内外の状況を鑑み、急激な売上高の成長は見込んでいないもの、各種施策により持続的な成長を企図しております。特に、昨今の業績低迷の脱却を目指した収益改善を戦略の第一優先に掲げております。

そのための施策として、2016年2月に販売をスタートした顧客企業を対象とした総合パッケージサービス「The Sustainable Stage」の販売を軸としたビジネスモデルの刷新と、そのための大幅な組織改革を実行することで、顧客への提案力強化・拡大を図ってまいります。
また、これまでのセメント業界向け製品だけでなく、非鉄・鉄鋼業界向けのリサイクル製品の開発の他、製造原価低減および経費節減に取り組んでまいります。

海外事業におきましては、初の海外拠点となる台湾循環資源製造所を2016年3月に開所し、安定稼働体制の早期構築と共に現地での営業拡大を着実に実施することで、新たな収益の柱として拡大を見込んでおり、2018年には約540百万円の売上を目指しています。また、2017年にはマレーシアでのリサイクル事業開始を目指しており、以降は台湾・マレーシアを起点として海外事業の拡大を推進してまいります。

地域デザイン事業における南三陸BIOの安定稼働とともに、国内外への他地域展開を進めています。2016年には宮城県加美町やパラオ共和国への展開を中心に進めており、それぞれパートナー基本契約の締結に至っております。また、展開地域においても、さらなる収益拡大に取り組み、収益力を向上させてまいります。

2016年度内に、国内外で予定していた各種の投資案件が完了し、以降の事業年度を成長期とする体制を整える事ができました。今後は、これまで撒き育ててきた苗を確実に収穫しつつ、新たな拡大のための認知拡大・顧客深耕に積極的に取り組んでまいります。

(次回更新は2017年3月末を予定しています。)