アミタホールディングス株式会社

アミタホールディングス株式会社

  • 環境戦略デザイン事業
  • 地域デザイン事業
  • サイトマップ
  • English
  • 検索

お問い合わせ

フォントサイズの変更
小にする
中にする
大にする

アミタ、環境省「平成25年度アジアの低炭素社会実現のためのJCM大規模案件形成可能性調査事業」への共同提案が採択される。インドネシアでセメントリサイクルによる温室効果ガス削減効果調査を開始。

release2013.08.06

アミタホールディングス(株)の事業会社であるアミタ(株)は、環境省「平成25年度アジアの低炭素社会実現のためのJCM大規模案件形成可能性調査事業」に対し、公益財団法人地球環境戦略研究機関(以下IGES)含む6団体と共同提案し、5月17日付けで採択されました。

環境省「平成25年度アジアの低炭素社会実現のためのJCM大規模案件形成可能性調査事業」の概要

日本は、第四次環境基本計画で2050 年までに 80%の温室効果ガスの排出削減を長期目標としており、目標達成のために、経済成長が著しいアジア大洋州の国々を初めとする海外での日本のCO2排出削減貢献を適切に評価する新たなメカニズム(JCM:Joint Crediting Mechanism)を構築する必要があります。そのため、日本の技術や制度を現地の実情に応じて調整し、運営・維持管理体制を確立することで、都市や地域等大規模な実施案件を形成するために、大規模案件の形成可能性調査を実施する事業です。

事業の詳細:http://www.env.go.jp/earth/ondanka/biz_local/25_03/yoryo.pdf

今回採択された提案の概要

提案者: (和名)公益財団法人 地球環境戦略研究機関
(英名) Institute for Global Environmental Strategies (IGES)
※主要提案者はIGESで環境省との契約はIGESが結びますが、
アミタ含む他5団体はIGESと契約し、6団体で事業を共同実施します。
事業名: インドネシア国スラバヤ市における低炭素都市計画策定のための技術協力
(JCM大規模案件形成可能性調査)
対象地域: インドネシア スラバヤ市

JCM_1.JPG
事業期間: 2013年7月から2014年3月末
事業概要: エネルギー分野
  工業団地および市内への導入事業
交通分野:
  公共交通車両や廃棄物運搬車両への低公害車の導入
廃棄物分野:
  生ごみの堆肥化、一般廃棄物焼却発電、および産業廃棄物のセメント原燃料化
水資源分野:
  
省エネ対策および漏水対策

アミタが担当する廃棄物分野の調査

アミタは35年以上、4,000種類以上の産業廃棄物を100%再資源化してきた実績とノウハウを元に、今回の事業では、産業廃棄物のセメント原燃料化の調査等、主に以下3つの調査をIGESと共同で実施します。

【1】セメントメーカーの受け入れ可能性調査(ベースライン調査) 
  ・セメント生産量、セメントメーカーの廃棄物使用原単位

  ・エネルギー消費量、エネルギー原単位、CO2排出量、CO2排出原単位

【2】市場性調査 
  ・産業廃棄物の種類別発生量/産業廃棄物の現状処理とそのコスト/環境関連規制等

【3】中間処理工場建設可能性調査  
  ・中間処理(セメント原燃料製造)工場の建設可能性

  ・中央政府からの支援制度
  ・プロジェクト・ファイナンスの組成(JBIC、JICA等)

環境省による採択通知発表

平成25年度アジアの低炭素社会実現のためのJCM大規模形成可能性調査事業 採択案件一覧表
http://www.env.go.jp/earth/ondanka/biz_local/25_03/result_an2.pdf

アミタの海外での再資源化展開

アミタは、1980年代から海外事業を展開しており、産物(有価物)、廃棄物を原料として捉えた輸出入の取り引きのほか、一部の国ではセメント代替燃料に関する特許をライセンスしました。

▼取引実績国
JCM_2.JPGこれまで取引実績のある国は以下です。

台湾/韓国/中国/ロシア/フィリピン/シンガポール/インドネシア/マレーシア/タイ/アメリカ等

▼海外オフィスと現地法人
韓国には1991年にオフィスを開設し、2011年には台湾に現地法人を設立しました。

台湾では、太陽電池の製造工程で排出される廃棄物の再資源化施設を、台南市にて計画しています。

アミタグループの提供サービス

アミタグループは、35年以上にわたり産業廃棄物の100%再資源化サービスを提供しており、自社製造所における再資源化実績は、2012年度実績で約14万tです。また廃棄物管理実務におけるコンプライアンス対策、リスク低減施策、社員教育といったコンサルティングサービスを提供しており、主催するCSR・環境関連セミナーの参加者数は延べ9,000名を越え、無料情報サービスは24,500名以上のCSR・環境ご担当者様にお送りしています。さらに、IT化による環境業務の効率化支援、森林や水産加工品に関する環境認証審査、地域活性化支援サービス等、環境に関する幅広いサービスを提供しています。
【アミタホールディングス(株):資本金474,920,000円(東証ジャスダック上場:2195)】

【お問い合わせ】
アミタホールディングス株式会社 経営統括グループ 共感資本チーム  担当:蝦名・藤本
電話:075-277-0795(直通)  /  メール: press@amita-net.co.jp
ファックス: 075-255-4527   / URL: http://www.amita-hd.co.jp/

アミタの広報に関するお問い合わせはこちらから

アミタの広報に関するお問い合わせはこちらから