アミタホールディングス株式会社

アミタホールディングス株式会社

  • 環境戦略デザイン事業
  • 地域デザイン事業
  • サイトマップ
  • English
  • 検索

お問い合わせ

フォントサイズの変更
小にする
中にする
大にする

アミタ、北九州循環資源製造所3周年を記念して、日本企業が取るべきこれからの環境戦略に関するセミナーを8/7(水)に開催

release2013.06.19

アミタホールディングス(株)の事業会社であるアミタ(株)は、企業から出る発生品(廃棄物)の100%再資源化事業を行っています。アミタは、2010年6月30日に、北九州エコタウンエリアの響灘臨海工業団地内に、再資源化施設である「北九州循環資源製造所」を開所しました。このたび、3周年を記念して北九州市の環境国際担当部長の内藤氏をお迎えし、日本企業が取るべきこれからの環境戦略に関するセミナーを開催します。

企業対象【北九州循環資源製造所3周年記念企画セミナー】について

アミタは、企業が国際展開をする上で重要となる環境分野の最新動向をお伝えするセミナーを8月7日(水)に開催します。 基調講演には、北九州市の環境国際担当部長である内藤氏をお迎えし、「これからの国際社会における北九州市の環境戦略とは?」というテーマでお話しいただき、二部では、アミタの海外と国内それぞれ営業グループリーダーが「海外現地生産拠点における環境リスクについて」、「日本企業が今後取るべき環境マネジメント戦略とは?」についてご説明します。

▼セミナーの詳細

【日時】 2013年8月7日(水)13:00~15:00(開場時間:12:45)ご取材は可能です。
【場所】
北九州国際会議場 住所:福岡県北九州市小倉北区浅野3-9-30
地図:http://www.convention-a.jp/access/
【受講料】 無料
【定員】
40名
【対象】 ・環境部の未来戦略を考えている部門長・工場長等のマネージャーの方
・これから先、海外で環境ビジネスを考えている企業経営者様
・アジアを中心とした海外へ展開されている企業で海外の環境管理にお困りのご担当者様
・より一層環境部の経費削減を経営から求められている管理クラスのご担当者様

【詳細】
第一部 【基調講演】「これからの国際社会における北九州市の環境戦略とは?」
講師名:北九州市 環境局環境国際担当部長 内藤 英夫氏
国の「成長戦略」に位置づけられた国家戦略プロジェクト環境未来都市構想を推進する「世界の環境首都」を目指す北九州市の具体的取り組みについて、民間企業とすすめている具体的プロジェクトなどについて触れながら、今後の企業の環境国際戦略について考えます。

第二部 前半「海外現地生産拠点における環境リスクについて」
~アミタグループでの20年以上にわたる海外環境事業の経験から~
講師名:アミタ株式会社 海外事業グループ グループリーダー 杉江 克彦
ロシア、台湾、韓国をはじめアジア・極東各国での事業開発経験をもとに、日本企業がアジア進出においてさらされる環境リスクとその低減方法についての事例やノウハウをご紹介します。

第二部 後半 「日本企業が今後取るべき環境マネジメント戦略とは?」
~コストとリスク、環境負荷も同時低減するマネジメント手法~
講師名:アミタ株式会社 総合環境ソリューション営業グループ グループリーダー 唐鎌 真一

廃棄物問題から、生物多様性への配慮、海外市場での各国環境法に応じた対策の必要性といったように、広範囲かつ専門的な領域に入ってきた環境マネジメント。リスクを低減しつつコストも減らす。それと同時に環境負荷も下げていく環境マネジメントについて、ソリューション事例とともにお話しします。

▼セミナー詳細、および企業ご担当者様のお申し込みはこちらから。
http://www.amita-oshiete.jp/seminar/entry/001790.php?=press

※ 当日、現地でご取材いただける方は、開催日の前日までに、TEL:075-277-0795(担当:藤本・蝦名)もしくはメール(press@amita-net.co.jp)でご連絡ください。

アミタ北九州循環資源製造所の概要

本製造所は、独自の「調合」技術を用いて、多種多様な発生品(産業廃棄物)から、amita08.jpg安定した品質のセメント原料主な強みは、港湾を活用した日本各地への出入荷が可能であること、自社内に循環資源開発グループ(兵庫県姫路市)を持ち、市場ニーズに応じた新商品・技術開発や柔軟な設備増強が可能であること等です。当製造所では、毎年海外からの視察・見学を多数受け入れております。(原料系、燃料系)、金属原料、および鉄鋼用(特殊鋼および普通鋼)代替原料を製造する再資源化拠点です。

▼北九州循環資源製造所

【所在地】 福岡県北九州市若松区響町一丁目104-10
【事業概要】 産業廃棄物の混合調整による、セメント原料・金属原料等各種原料に再資源化。
【処理方式】 混練
【取得許可品目】 燃え殻、汚泥、廃油、廃プラスチック類、金属くず、ガラスくず、コンクリートくず、 および陶磁器くず、動植物性残渣、ばいじん、木くず、紙くず、鉱さい、計13種類
【実績】 2010年から2012年までで合計27,435tの再資源化実績があります。
再資源化実績 詳細:http://www.amita-net.co.jp/pdf/performance.pdf

アミタグループの提供サービス

アミタグループは、35年以上にわたり産業廃棄物の100%再資源化サービスを提供しており、自社製造所における再資源化実績は、2012年度実績で約14万tです。また廃棄物管理実務におけるコンプライアンス対策、リスク低減施策、社員教育といったコンサルティングサービスを提供しており、主催するCSR・環境関連セミナーの参加者数は延べ8,900名を越え、無料情報サービスは24,500名以上のCSR・環境ご担当者様にお送りしています。さらに、IT化による環境業務の効率化支援、森林や水産加工品に関する環境認証審査、地域活性化支援サービス等、環境に関する幅広いサービスを提供しています。
【アミタホールディングス(株):資本金474,920,000円(ジャスダック上場:2195)】

【お問い合わせ】
アミタホールディングス株式会社 経営統括グループ 共感資本チーム  担当:藤本・蝦名
電話:075-277-0795(直通)  /  メール: press@amita-net.co.jp
ファックス: 075-255-4527   / URL: http://www.amita-hd.co.jp/

アミタの広報に関するお問い合わせはこちらから

アミタの広報に関するお問い合わせはこちらから