アミタホールディングス株式会社

アミタホールディングス株式会社

  • 環境戦略デザイン事業
  • 地域デザイン事業
  • サイトマップ
  • English
  • 検索

お問い合わせ

フォントサイズの変更
小にする
中にする
大にする

アミタ(株)、企業経営の持続性を高める新サービス「Cyano Project(シアノプロジェクト)」の提供を開始。サーキュラーエコノミー型の事業創出・事業変革を、約3年のプログラムで支援します。

release2021.02.26

アミタホールディングス株式会社の事業会社アミタ株式会社は、2021年4月より、持続可能な経営を目指す企業の経営企画・事業開発・イノベーション部門等に関わる担当役員・担当者などを主な対象としたエコシステム事業創出プログラム「Cyano Project(シアノプロジェクト)」の提供を開始いたします。

概要と特徴

「Cyano Project(シアノプロジェクト)」は、企業が"イノベーションのジレンマ"に陥ることなく、社会変化に応じた新たな価値を創出することで、経営と社会の持続性を高めることを目的とした事業創出プログラムです。約3年間で、持続可能な循環型のビジネス創出を目指します。

※Cyano(シアノ)とは:Cyanobacteria(シアノバクテリア)は、酸素を発生する光合成を行う原核生物。地球に酸素を生み出し、世界の在り方を根本から変えた生物。既存の枠組みを変え、イノベーションをもたらす象徴としてプログラム名にCyano(シアノ)と冠しました。

<特徴>

  1. 210226_syano001-2.png本プログラムは「dynamic capability(ダイナミック・ケイパビリティ)」(社会変化に応じて、企業が内外の経営資源を再構築・再統合することで新たな価値を生む組織能力)の経営論をベースにしています。

  2. 「エコシステム経営」(すべての生き物や物質が互いに依存し、関連し、変化し続けながら確実を作りあげる生態系の在り方に倣った経営スタイル)の実践を目指し、経営や事業運営における変化・矛盾を許容できるレジリエントなビジネスモデルの構築を目標としています。

  3. 約3年間で、持続可能な経営に必要なリテラシーインプット、サーキュラーエコノミーを実現する循環型ビジネスモデルの構想、プロトタイプ製作、外部パートナーを含めた組織体制案の構築等を行います。

40年以上にわたり、サステナビリティのプロフェッショナルとして循環型社会の構築に寄与してきたアミタだからこそ提供できるプログラムです。

導入企業メリット

1)サプライチェーンを含む循環型ビジネスモデルの実現

自社単独で事業変革や事業創出を目指す場合に課題となる、リソース不足・社内調整・外部パートナーの選定・専門知識や技術の不足・プロジェクト管理コスト等を、アミタおよびアミタが有する多様なネットワーク&プラットフォームによる「コ・マルチソーシング」を活用することで解決に導きます。循環型ビジネスモデルの具体構想から実証実験を含むプロトタイプ製作、社会実装時の組織体制案の構築までを、約3年間で統合的に支援します。

2社員の経営リテラシー向上・企業文化性の醸成

プロジェクトメンバーならびに関連部門の社員に対し、経営哲学からメガトレンド・組織論・最先端技術まで、幅広い経営リテラシーをトップクラスの講師陣によってインプットする場をご用意します。さらに、自社のミッション、ケイパビリティ、コアコンピタンス等を未来視点で再検証、再定義するワーク等を通じ、自社の存在意義の浸透や企業文化性の醸成、企業求心力の向上が期待できます。

3)事業全体のサステナビリティの向上

アミタが主導する産官学民の共創による「サーキュラーエコノミーパートナーシップ」や全国規模の資源循環ネットワーク等の活用により、既存事業のサステナビリティの向上やビジネスモデルの改善を促進できます。

チーム体制

導入企業内に、社内外メンバーによる「未来デザインPJチーム」を編成します。これにより、大企業が陥りやすい"会社が大きすぎて動かせない""小規模市場へのトライアルに許可がでない"等のジレンマを回避し、「プロトタイプの構築・実証」までやりきることが可能です。各社に合わせた最適な支援チーム(実証実験の協力パートナー含む)を、講師陣・協力自治体・外部有識者等で構成します。

210226_syano002-4.png

本プログラムの構成 (01~05を約3年間で提供)

01 Input:事業創出に必要な経営リテラシー 

時代観・メガトレンド/VUCAの時代の経営哲学・経営学/最新科学・技術情報/消費者の行動心理学 等

(講師一例) 菊澤 研宗氏 慶応義塾大学 商学部・大学院商学研究科 教授
石田 秀輝氏 地球村研究室 代表 東北大学 名誉教授

02 Group discussion:事業構想・組織ケイパビリティ

自社分析/新市場想定・新規事業構想/変化に強い組織形態構想/新規事業モデル構想 等

03 Prototyping:サービスプロトタイピングの製作・実証実験

プロトタイプ設計/実証エリア・要件定義/仮説設定/実証実験/必要な組織設計・トライアル 等

04 Business creation:事業化に向けた具体検討

F/S・予算化/商品・営業・生産・仕入・組織戦略の具体化/外部パートナー選定 等

05 Output:循環型新規事業モデル&エコシステム型組織案

新規事業提案書/組織案(垂直統合・水平分業の組合せによるエコシステム型組織)

期間・提供費用

期間 約3年間
サービス費用 ベーシックプラン:4,500万円(税抜)/3年
※プロジェクト参加者10~15名/社の場合の想定費用。
※ご提供内容、実証実験規模、期間、内容等によって変動いたします。

アミタグループについて

持続可能な経営・地域運営を目指す企業や自治体を統合的に支援する社会デザイン事業を展開しています。
詳細:https://www.amita-hd.co.jp/vision/group/
【アミタホールディングス(株):資本金474,920,000円(東証JASDAQ 市場上場:2195)】

アミタに関するお問い合わせはこちらから

アミタに関するお問い合わせはこちらから

ニュースリリース配信をご希望の方はこちらから

ニュースリリース配信をご希望の方はこちらから