アミタホールディングス株式会社

アミタホールディングス株式会社

  • 環境戦略デザイン事業
  • 地域デザイン事業
  • サイトマップ
  • English
  • 検索

お問い合わせ

フォントサイズの変更
小にする
中にする
大にする

アミタグループ2020年度決意表明

news2020.01.06

今年度のアミタグループは、「持続可能な社会の実現」というミッションの実現に向けて社会デザイン事業の確立を目指し、社会課題に対するソリューション力と収益力の強化に取り組みます。

2019年度の振り返り

2019年度は、2021年度に予定している社会デザイン事業の始動に向け、収益力の回復と経営基盤の強化に取り組みました。
2019年度の決意表明はこちら

■環境戦略デザイン事業

企業の持続的な発展を支援する統合サービス「The Sustainable Stage(サステナブルステージ、以下TSS)」については、サステナブル経営に向けたビジョン策定・戦略立案支援や、2018年度末にサービスインした環境管理業務のリスクとコストを削減するICT&アウトソーシングソリューション「AMITA Smart Eco(アミタ スマートエコ)」を中核とした統合的なサービス展開に注力しました。
100%リサイクルサービスは、発生元企業・ユーザー企業・パートナー企業の協力を得ながら、品質及び製造現場の改善、入出荷の安定化、内部コストの削減等、サービス全体の徹底的な見直しを行い、利益額・利益率の向上に成功しました。
また半導体製造過程から発生するシリコンスラリー廃液の100%リサイクルが、市場ニーズの高まりと共に好調に推移し、収益に貢献しました。
環境認証サービスでは、ASC養殖場認証の審査規格や世界初の認証取得となったASC-MSC海藻(藻類)認証の審査実施といった提供メニューの拡大、および市場におけるサステナブル調達のスタンダード化が進んだことで、MSC/ASC CoC認証の認証取得顧客数が前年の約1.2倍に上るなど、水産認証を中心に顧客数が増加しました。

■地域デザイン事業

2018年の宮城県南三陸町に続き、2019年度末に奈良県生駒市の委託事業「日常の『ごみ出し』を活用した地域コミュニティ向上モデル事業」において実証実験を開始しました。本実証実験では「ごみ出し」を住民参画の機会として、ICTによる関係性の可視化・促進や同市および地域ステークホルダーとの連携により、自然資本や人間関係資本が循環する住民主体のまちづくりの実現に取り組んでいます。(実証実験の詳細はこちらから)

■海外事業

2019年度は、市場変化への対応と共に、好調な北九州循環資源製造所における100%リサイクルサービスへの経営資源の集中を進めるため、台灣阿米達股份有限公司の事業撤退を決定しました(同年12月に台湾循環資源製造所で使用していたシリコンスラリー廃液のリサイクル設備を北九州循環資源製造所に移設し、同年12月より本格稼働を開始しました。詳細はこちら)。今後は台湾事業で培ったノウハウを国内における同サービスで活用し、収益力強化に取り組んでいきます。また本年5月に開所3年を迎えるマレーシアのAKBK循環資源製造所については順調に稼働し、取扱量が増大しています。

上記の振り返りを踏まえ、2020年度は以下の取り組みを推進してまいります。

2020年度の主な取り組み

1.The Sustainable Stage」の統合サービス化と営業深耕

統合的なサステナビリティ支援をお客様にお届けすべく「AMITA Smart Eco」 の新機能開発および商材間の機能連携の促進、インサイドセールスとフィールドセールスによるシームレスな支援、社会課題解決型の提案営業に取り組み、TSS の主力商材として進化させます。お客様のより潜在的なニーズにアプローチし、企業の持続的成長を支えるベストパートナーを目指します。
100%リサイクルサービスでは、川崎・北九州循環資源製造所が10周年の節目となります。2019年に引き続き利益率の向上に取り組むほか、姫路・北九州におけるシリコンスラリー廃液の100%リサイクルサービスの戦略的拡充により、アミタグループの収益の安定性を確保します。
環境認証サービスについては、提供商材の拡大、審査員の育成・補強、管理体制の強化により、更なる顧客数と収益の増加に取り組みます。
海外については、引き続きマレーシアとパラオを戦略拠点とした資源技術の海外展開を図ります。

2.BIOシステムのビジネスモデル確立

2021年の社会デザイン事業確立に向けて持続可能な地域創造を支援する統合サービス「BIOシステム」のビジネスモデルを確立すべく、引き続き「MEGURU STATIONめぐるステーション)」を中心としたサービス開発に注力します。2019年度末より実施している生駒市での実証実験を踏まえ、パートナー企業と連携し、より高度な循環技術を活用した地域内の資源循環モデル実現に取り組みます。

3. 新たな価値創出に向けた組織整備

「持続可能な社会の実現」が目指すべき目標として世界の共通認識となった今、アミタグループは社会のサステナブル化を牽引する「社会デザイン企業」への進化を目指しています。この変革に向けて本年、主要事業会社の経営陣を、急速な社会変化に対して感度の高い若い世代を中心とするメンバーに一新いたしました(詳細はこちら)。同時に、社員がよりライフステージに適した働き方を実現できる環境や人事制度等の整備を行い、新たな価値創出・イノベーションが起こりやすい組織づくりを推進します。

2020年度は、以上の取り組みに基づき、新たな事業創造を推進してまいります。

今後とも皆様のご支援を賜りますよう、グループ一同、心よりお願い申し上げます。

【広報・取材に関するお問い合わせは以下へお願いいたします。】

 アミタホールディングス株式会社 経営戦略グループ 共感資本チーム 担当:西島・藤本
 電話:075-277-0795(直通)/ メール:press@amita-net.co.jp
 ファックス:075-255-4527 / URL:http://www.amita-hd.co.jp/

アミタに関するお問い合わせはこちらから

アミタに関するお問い合わせはこちらから

ニュースリリース配信をご希望の方はこちらから

ニュースリリース配信をご希望の方はこちらから